仙台で二重に整形するためのカウンセリングを受けました

一重のコンプレックスでアイプチが必須に

一重のコンプレックスでアイプチが必須にアイプチを綺麗に保つのは難しいクリニックで二重整形のカウンセリングを受ける

小さい頃から目が一重で小さいことに強いコンプレックスを抱いていました。
趣味で漫画を描いていますが、願望が絵を描く時に現れてしまうのが、女性キャラクターは大きな目にしてしまうほどです。
メイクをするときも一重であることを鏡で認識するたびに憂鬱になるので、20歳を過ぎたころからは必ずアイプチを使うようになりました。
瞼が少し腫れぼったいので、アイプチを上手に活用すれば綺麗な二重になれます。
目が大きくなると顔立ちも華やかになりますし、アイシャドウやマスカラを塗りやすいという魅力があります。
しかしその一方で、アイプチを使って形作るときにはコツが必要ですし、急いでいるときは上手に形作れないことがあります。
特に朝早く起きることが苦手なのですが、バスに乗り遅れると遅刻してしまので、毎日戦争のような状態で慌てています。
そんな中で綺麗に形作るのは難しく、時には同僚に目が腫れぼったくなっているけれど夜更しでもしたのかと指摘されることもあります。
それにアイプチを使って綺麗な形に出来た場合でも、夏になると汗をかきやすくなるので崩れてしまうことがあるのが大きな悩みです。
汗や皮脂で目の周りがベタベタになってしまうと、化粧そのものも崩れてしまうので恐ろしい状態になります。